酔眼漂流読書日記

本と音楽と酒場と言葉

【本】ダメな文章を達人の文章にする31の方法

簡潔でわかりやすい入門的文章読本

あるところで紹介されて読んでみました。こうした文章読本は色々出ていますが、具体例よりも「論」が長く効果が実感しにくいものが多いような偏見を持っています(すみません)。

もちろん「論」は大切ですので、そうした「論の多いもの」をじっくり腰を据えて読む価値もあると思います。

しかし基本忙しく、身近に文書添削をしてもらえる専門家もいない現代人には、簡潔ですぐにでも応用できる手法も必要です。そのようなときにはこの本の出番です。この本が良いと思った点は、文章を読みやすく、そしてわかりやすくするための具体的な手法を 31 の方法に分けて説明しているところです。

特に若い人なら自分の書く文章をすぐにでも改善できるヒントが沢山載せられていると思います。あと「あなたの書く文章はわかりにくい」と言われているひとにもおすすめできると思います。1時間もかからずに読めてしまうという点もお勧めポイントです(笑)。

書かれている内容は、文章の書き方に気をつけているひとなら一度はどこかで聞いたり、習ったりしたような気がするものかもしれません。しかしまとめて読み直して、そこに書かれた具体例(改善例)を読んだり、世の中の文章に当てはめてみると納得感があります。

Amazon のレビューをみると「基礎的過ぎる」「中高生向き」「初歩の初歩」「目次だけで十分」といった低レビューもあるのですが、あまりにもするすると読めてしまうのでそうした物足りなさを感じてしまうのかもしれません。まあ確かにこの書籍を読んだからといってすぐに「達人」にはならないと思いますのでタイトルは少し盛りすぎですね。

【アプリ】enHack

英語学習に便利かも

f:id:ardbeg1958:20210525155716j:plain

 

enHack (イングリッシュ・ハックでしょうか)というアプリ(サービスをみつけました)。英語の勉強をしているひとに便利かもしれないと思い紹介します。

iOSAndroid 両方に対応しています)。

enhack.app

普通に起動するとトップページに適当な英文記事が表示されて、読み上げられる音声を聞きながら穴埋め問題をしてしていきます。下の図は音声を聞きながら設問に答えているところです。

f:id:ardbeg1958:20210525160704j:plain

こういったクイズをディクテーションしながら解いていくのもまあ聞き取りと単語の勉強になるかなと思います。

個人的に面白いと思ったのが、任意の文を入力して解析する機能(Parse)でした。

たとえば、以下の BBCニュースページの中の ...

www.bbc.com

以下の文を解析してみると ...

Yet earlier this week, Prime Minister Yoshihide Suga for the first time appeared to bow to the pressure of public opinion, saying that the government would "not put the Olympics first" - but adding that ultimately, the decision would lie with the IOC.

結果が冒頭の図にも示した以下のようなものになります。

f:id:ardbeg1958:20210525161114j:plain

青抜き字で(S)(V)とか書いてある部分が、この文の主語、動詞を表しています。単語をタップすると発音されて、意味が図のように表示され、ブロック間の修飾関係も示されます。

他にコーパスリンクやWikipedia参照などが表示されるのも便利ですね。

なお上の図の(IOC)のあとにある虫眼鏡マークをクリックすると全単語の関係が以下のような図として展開されます。

f:id:ardbeg1958:20210525162733j:plain

複雑な文も分解して読み解くのに便利かもしれません。間違いがないとは言い切れませんが ... まあ現在の英文解析技術を考えるとかなり信頼はできるでしょう。

iPad だと画面分割もできるので、半分で英語記事を読みながら、もう半分で enHack に記事の文を流し込んで解析しながら読むということもできますね。忙しい社会人が電車の中などで英語を機械の助けを借りながら勉強するのに便利なツールかもしれません。

【本】Merriam-Webster's Vocabulary Builder (English Edition)

英語のボキャブラリ不足を補いたい

Merriam-Webster's Vocabulary Builder (English Edition)

Merriam-Webster's Vocabulary Builder (English Edition)

 

 最近は自動翻訳や、気軽にひけるオンライン辞書などもあるために、知らない単語を調べる労力も段々減ってきていますが、それにしても1ページに引かなければならない単語が多すぎると段々面倒になってきます。

そこでもう少しは英単語力(ボキャブラリー)を増やそうと思ったのはいいのですが、さすがに受験でやっていたように「出る順、頻度順」でひたすら大量に単語を覚え続けるのも、大人になると徐々に辛くなってきます(笑)。

ということで、自分にあった良い方法はないかなと思っていたときに出会ったのがこの本でした。この本の面白いところは、ユニットの冒頭でまず「語幹」を紹介して、次にその語幹から派生した単語を、説明とともに紹介してくれるところです。

 

ちなみに Unit 1 の冒頭はこんな感じです。

f:id:ardbeg1958:20210521011832p:plain

まず語幹として "BENE" が紹介されています。その説明は「ラテン語で『良い』という意味だ」という説明から始まって、いろいろな言語の中にどのように入っているかなども紹介されています。

その下にある benediction というのが、BENE から派生した単語で、これは「神を祝福する祈り」ですが、本文中には bene に ラテン語の dictio (英語では speaking)がついたもので、このことから benediction という言葉は「善き祈り」といった意味になったのだという説明が続いています。

これは個人的には興味深く面白い内容で、これを読んでいけば少しは楽しく単語を覚えられるのかなと思いました。

各 Unit の最後には確認テストもついていたりしますので、ゆるく読み続けていければ少しはボキャブラリーも増えるかもしれません。

ちばてつや追想短編集『あしあと』

振り返れば遠い日々

 23年ぶりにちばてつや先生が短編集を出版しました。基本的な内容はビッグコミックに掲載されたもので(ヤングマガジンからのものもあり)、いくつかのテーマに分かれた短編が収録されています。

一読して、戦中から高度成長期、そして現代に至るまでを現役として生き抜いてきた漫画家の人生を濃密に感じることのできる作品集でした。

収録されている作品は4本です

  1. 『家路』:満州からの引き揚げの話を描いたもの
  2. 『赤い虫』:売れっ子漫画家になっていく過程であまりの激務に心身に不調を来した話
  3. 『トモガキ』:大怪我をしたおかげでトキワ荘の漫画家たちと交流が始まった話
  4. 『グレてつ』:『あしたのジョー』の連載終了から、どのように『のたり松太郎』の誕生につながったのかの話

1 も 2 も、ここ数年続いているビッグコミックの巻末連載である「ひねもすのたり日記」の中で、さらに詳細な内容がリライトされていますが、この短編集が持つ時の厚みはずっしりと心に響きます。

まあ私も昭和33年生まれなので、戦後直後は知らずとも高度成長の一端を垣間見てきたという体験から、その時代の匂いが想像できるような気がするのかもしれません。3. は藤子不二雄A先生の「まんが道」と組み合わせて読むと味わいが増します。

4. は最近ビッグコミック本誌に読み切りとして掲載された44ページの力作です。隔週とはいえ82歳の現在でも「連載」を持ち、44ページの読み切りまで仕上げるちばてつや先生には脱帽です。

とはいえビッグコミックの巻末連載枠では水木しげる先生が90歳過ぎまでエッセイ漫画を連載なさっていましたので、ちば先生にも是非まだまだ健康に頑張っていただきたいと思います。

『兄の名は、ジェシカ』

カミングアウトした兄を間近で眺める弟

兄の名は、ジェシカ (アニノナハジェシカ)

兄の名は、ジェシカ (アニノナハジェシカ)

 

 Gを自認する著者がTの登場人物を描いた小説です

物語は、T(MtoF)であることをカミングアウトした兄ジェイソン(17歳)の周りに巻き起こる様々なドタバタを、弟であるサム(13歳)の目から描写しながら進んでいきます。ジェシカというのはカミングアウトしたあとジェイソンが自分につけた名前です。

兄弟の母親はイギリスの首相を狙う大物政治家だし、父親はその秘書で、いわゆるトラディショナルな価値観とは違っている家庭ですが、それでもジェイソンがカミングアウトしたあとはお決まりのようにパニックになります。弟も優しく強い「兄」が失われたことを受け入れることができません。

登場する人物はそれぞれ性格付けがはっきりとされていて、漫画的ではありますが、様々な起こり得る問題がドタバタと起きていきます。大げさと思う人もいると思いますが、エルトン・ジョンに同性パートナーのいるお国柄にもかかわらず、非常に保守的な側面や学校におけるいじめなどが描かれていて、どこの国でも事情は同じなのだなと思わせてくれます。

いわゆる YA (ヤングアダルト)をターゲットにした小説で、日本でも第67回青少年読書感想文全国コンクールの高等学校の部で課題図書となっています(おかげで現在入手が少し難しいです)。

LGBTにまつわる様々な課題を投げかけてくれますが、特に何らかの結論が押し付けられるわけではなく、新しいバランスをとろうとしている家族の姿が最後に描かれて終わります。